初期伊万里 花鳥絵皿

#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#古美術#骨董品#初期伊万里
     

トロリとした釉薬、自由奔放な図柄、素朴な焼き上がり。柔らかく温かみを醸し出すその器は、400年の磁器の歴史の原点。日本初の磁器・通称「初期伊万里」。1610年、豊臣秀吉の朝鮮出兵で出陣した鍋島藩主鍋島直茂が、朝鮮半島から兵を引き上げる時、一緒に連れ帰った朝鮮陶工の“李参平”が伊万里(有田)に白磁鉱山を発見しました。これが、400年脈々と続き今に至る伊万里(有田)焼の始まりです。

{{店主より}}本作品は焼き上がりは少し甘手でありますが、素晴らしい魅力は図柄。静寂の中に、和鳥が一羽。宮本武蔵の枯木鳴鵙図のような張り詰めた緊張感があると思いきや、その表情はなんとも愛らしく心をくすぐります。初期伊万里の魅力のひとつはその素朴なつくりにありますが、絵付けもその魅力のひとつ。素朴な絵付けは初期伊万里に数あれど、緊張感を醸し出すはずの構図の中に愛嬌のある憎めない表情というギャップまで楽しめる絵付けはそう多くはありません。初期伊万里の魅力の詰まった逸品です。

【商品情報】

◆商品名:初期伊万里 花鳥絵皿

◆窯元名:伊万里焼

◆寸法:径20.2㎝(高台;径8.5㎝) 

◆商品状態:良好(詳細は写真でご確認下さい)

◆価格;お電話(0721-25-1033)にてお問合せ下さいませ。

 #藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#古美術#骨董品#初期伊万里  #藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#古美術#骨董品#初期伊万里

 #藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#古美術#骨董品#初期伊万里 

#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#古美術#骨董品#初期伊万里

#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#古美術#骨董品#初期伊万里