『黒部瀧響』 岩澤重夫 作

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧
     

岩澤重夫は大分県生まれ。子供の頃から絵の才能を発揮し、戦争から戻ってこれたら絵描きになると決意していた。その後、日展の入選を皮切りに多方面から評価される画家となった。岩澤重夫が最期に成し遂げた仕事・金閣寺の障壁画は有名。客殿のふすま絵など63面。障壁画は3部屋にわたり、うねる波から昇る朝日や、繊細かつ大胆に描かれた紅白梅が目を引く「写実の梅」の部屋や、古木の桜と若い桜が金箔(きんぱく)とプラチナ箔で表現された「抽象の桜」の部屋がある。

{{店主より}}岩澤は画業について聞かれたとき、こう答えたそうです。「作家が何万人いても岩澤重夫は一人しかいないんだから」。自己の強い性格は、その筆に力強さを生みだし、描く自然に息吹を与えます。岩澤が描く、自然の力は観る者を惹きつける。本作、黒部の瀧は、響くという字が使われているのがよく分かります。その瀧の音が聞こえてきそうなくらい躍動感に溢れた作品。岩澤重夫の風景画の傑作。

【商品情報】

◆商品名:黒部瀧響

◆作家名:岩澤重夫(共シール)

◆寸法:〔画寸〕縦26㎝ 横40㎝、〔額寸〕縦46.5 横60.2㎝ 

◆商品状態:商品も箱も良好(詳細は写真でご確認下さい)

◆価格;お電話(0721-25-1033)にてお問合せ下さいませ。

◆真作保証;本作品は、岩澤重夫の【真作】であることを【保証】致します。

 

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧    ※3㎝程度の引っ掛かり傷があります。