日々是美術

骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

和泉市(南大阪)のお客様|骨董品(古美術)・茶道具の買取・鑑定・査定

  • 2020年01月08日

新年になり、ぐっと寒くなりました。みなさまお体にお気をつけくださいませ。

和泉市は昔からうちのお客様が多い場所でもあります。旧家、とくに織物をはじめ商売の盛んな地域でございます。本日のご依頼は出張査定でございました。長年にわたって商売をされていらっしゃるお客様の御品物でございました。

先々代の旦那様がお集めになられた茶道具を中心にお古い御道具が多くございました。拝見させて頂いた中でも、古き良き茶道具のサビ道具がございまして、大事にされていたので状態もよろしくございました。中でも、茶人大名として知られた箱書き道具は興味深いものがございました。茶入れと含めて高い評価ができる御品でした。骨董品の方でもたくさんと興味深いものをお持ちでしたが、特に、中筒(火縄銃)は象嵌の見事な仕上がりでした。

現在は評価できるものと評価できないものの差が激しくなっています。ひと昔前は、少し古い(われわれの世界ではチョイフルなどと申します)というだけで“時代値打ち”がついたものでも、現在ではなかなか一点では評価できないものが多くなってきています。その御品御品の良い時代があり、また状態も保持している品物であれば評価が可能です。

約半日かけて評価査定させて頂きました。ご親族でじっくりご検討されることをおすすめいたしました。鑑定や買取の仕事は、売るか売らないか?という風に誤解されがちですが、まずは鑑定、査定と会話をさせて頂いて、整理するところから整理し、じっくりと末永くお付き合いする場合も当店は多々ございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

※内容は、“ブログ掲載のご了承頂いた方”のみ、個人を特定できないように編集しております。