日々是美術

大阪、南大阪。羽曳野。骨董、古美術、古道具、絵画、茶道具。査定、買取。藤美堂。

和泉市(大阪)お客様の鑑定・買取・査定事例|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・刀剣・甲冑・中国・アンティーク・古道具|富田林・河内長野・和泉・堺・羽曳野・大阪狭山・藤井寺・柏原・松原

  • 2021年10月02日

古美術・骨董・掛軸の査定買取

こんにちは、藤美堂店主です。緊急事態宣言が解除されることを御待ちだったお客様もいらっしゃいまして、本当にお待たせ致しました。

今後、またどうなるか分からない不透明なご時世ですので、できる限りご依頼をお受けしたいと思いますので、あらためてどうぞよろしくお願い致します。もちろん、引き続き、感染対策は万全にして応対させて頂く所存でございます。

さて本日は、和泉市からのご依頼。長い間、古道具を納めていたお蔵の整理でございました。お蔵は2つあり、一つは二十年程開かずの間になっておりましたが、こういうのは私はやはりワクワクします。なんとかカギを開け、中へ。元々は某地域の大きなお武家様のお家柄だったそうで、先々代の時にこの関西に移り住んだとのこと。

先代の時代に、親族で御道具をお分けになられたとのことでしたが、御品は非常に魅力的なものでございました。あまり詳細を申し上げることはできませんが、武家道具をはじめ、古銭、掛軸などでございました。特に興味深かったのは客寄せでお使いになられたであろう、蒔絵類、皿類、などがとても時代性のあるものと拝見しました。非常に良い時代のもので、その時代の値打ちは高いものになります。一部、コンディションが良くないものは除きますが、査定高評価をさせて頂きました。掛軸に関してもとても興味深いものがございまして、江戸時代後期を代表する絵師の掛軸、明治・大正期と言えば挙げられる人物画の有名作家の掛軸などでありました。現代は、掛軸の需要がなくなってきているとはいえ、人気の絵師や作家のものは、まだまだ根強く需要がございます。やはり、人気者は時代が経っても人気者だということ。真贋のほども、まず間違いなく真作と判定できました。一部鑑定書をとったほうが良いものや、修理をした方が良いものなどを含めてアドバイスさせて頂きました。

数年前に、一度、某業者に査定を依頼されたことがあったそうです。その折は売却はしなかったとのこと。やはり、持主様の思いは色々複雑だと思います。査定評価はもちろんですが、会話の納得感など、色々ありますよね。「持ち主様が納得のいく整理」というのが一番大事だと私は思います。昨今、整理の方法も一つではありません。まずは信頼のおける方にご相談されて、その時にベストな方法をご検討されるとよろしいかと思います。

今回は一部買取をさせて頂くことになりましたが、引き続き、整理のご相談をさせて頂くことになります。持ち主様にとって“後悔のない”整理が叶うように、微力ながらお手伝いさせて頂きたいと思います。

この度はご依頼ありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します。

※ブログ掲載の許可ありがとうございました。お約束の通り個人は特定されず、一部情報も編集加工して、上記のこのような内容で記載しております。少しでも問題があればまたお電話くださいませ。某蒔絵道具にまつわるお話、本当に素敵でした。蒔絵装飾には色々種類がありましたが、あの高蒔絵の理由にそんな思いがあったとは驚きでした。感動しました。またあらためて、続きを拝聴できること楽しみにしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも、藤美堂(とうびどう)をご愛顧いただきありがとうございます。藤美堂(とうびどう)では、美術品/骨董品の販売・鑑定・買取についてのご相談を幅広く承っております。はじめてでも、どうぞご遠慮なく、お問合せ頂ければと思います。

※以下よりリンクして頂けます。よろしければご覧ください。

◆こちら👉 “藤美堂について”

 藤美堂の取り扱い品目や店の雰囲気、問合せ先、住所など

美術品・骨董品・絵画・茶道具・中国美術・刀剣・古道具の鑑定・査定・買取・販売の藤美堂(大阪)

◆こちら👉 “5つのこだわり”

 お客様にサービス提供する上で、特にこだわっている5つのこと

◆こちら👉 “お客様事例(日々更新中)”

 ブログ掲載許可を頂いたお客さまの貴重な査定・鑑定・買取・販売事例※人気記事です。

※大阪、大阪市、南大阪(堺市、八尾市、東大阪市、富田林市、羽曳野市、松原市、柏原市、河内長野市、藤井寺市、大阪狭山市、和泉市、泉大津市、泉佐野市、岸和田市、高石市)、京都、神戸における鑑定・査定・買取業務(エリア外は品目により応相談)。販売業務は日本全国対象(全国配送可能)。

◆藤美堂Facebook(公式)はこちら👉 “Tobido Facebook”

◆藤美堂Instagram(公式)はこちら👉 “Tobido Instagram”