日々是美術

古美術 骨董品 茶道具 絵画 新作陶芸 刀剣 武具 甲冑 鑑定 査定 買取 出張 見積 大阪市 南大阪 富田林市 羽曳野市 大阪狭山市 河内長野市 藤井寺市 松原市 柏原市 和泉市 高石市 泉大津市 泉佐野市 岸和田市 

大阪市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・【茶道具】・絵画の買取・鑑定・査定

  • 2020年09月16日

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。

茶道具

本日は、藤美堂のお客様からのご紹介で、大阪市内のお客様宅に出張査定・買取にお伺い致しました。長年、茶道を続けてこられた由緒ある教授さまでございます。

このコロナ禍の中で、飲食をはじめ大変な業界は多いと思いますが、「茶道」はかなり受難の時代をむかえていると思います。わたくし自身、茶道を嗜む者ではございますが、今年度は御稽古など諸々、自粛するようお達しが出ている状態です。

細かくは書きませんが、狭い部屋で同じ茶碗を共にすることは茶道の風情の一つでありますが、ともすると3密状態になってしまいます。工夫をして、茶菓子や茶碗の使い分けなどするものの、どうしても外せないが、、、この時節・・・・ということもあります。しかし、茶道は日本の心。歴史と伝統のある世界に誇れるものです。各時代、茶道受難の時代がございましたが、表千家・裏千家、時代の御家元が本当に苦労されて、新しい手法を取り入れ、時代に合わせて柔軟に、そして進化した歴史があります。今の御家元におかれましては、ぜひとも、茶道を進化させて頂きたいと陰ながら祈っております。

さて、話を戻しますと、今回のご依頼。後に継がれる方がいないので、整理をご決心されたとのことでした。お母様の代から長年、購入されていた茶道具商さんのところで査定をなされたものの、少し腑に落ちないところがあったとのことで、当店にご依頼を頂く形になりました。

このコロナ禍の中、一気に需要が冷え込んでしまったのもあり、また茶道具市場のやや強引な流動性により、全体相場が一段と安くなっているのは否定できません。有名な作家物でも、作家自身が製作に関わる一点ものもあれば、工房で監修された数ものもあります。今の状況、一点物はまだお値段は良くても、数物はどうしても値段が付きにくくなっている現状です。

この度のご依頼の御道具は、ほぼ現代作家もののご依頼。長年の侘び寂び道具は、またもう少し置いておきたいとのことで、まずは、現代物から整理されたいというご希望でした。

御書付もの、作家物、状態も良いものが多く、しっかり大事に御道具を扱われているご姿勢には本当に頭が下がります。今回は拝見だけさせて頂いた、古道具も、それは丁寧に扱われていたようで、状態も良く、興味深い御品の数々でした。

現在の相場を踏まえた上で、当店ならではの販売方法も踏まえて、できる限り値高く査定はさせて頂きました。ご依頼主さまより、他店の査定お見積もりも見せて頂きましたが、お店によって違いはやはりあるものです。整理される際には、比較検討されることをおすすめ致します。

中でも大事にされていた、愛着のある御道具のお話を拝聴しておりますと、本当にこちらも胸がつまる思いがします。貴重なお話、ありがとうございました。

買取や鑑定・査定は、ただ、査定して終わり、買い取って終わり、、必ずしもそうではございません。持ち主様のお思いに触れる、とても責任のある場だと思っています。ぜひ、遠慮なく、色々なご相談をして頂ければと思います。出来る限り、お答えできるように頑張らせて頂きます。