日々是美術

骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

大阪狭山市(南大阪)のお客様|骨董品(古美術)の鑑定(買取)

  • 2019年09月28日

まだまだ暑い日が続きますね。そろそろと思いますが、台風の季節ですね。

本日のご依頼は、ご先祖様がお集めになられていた御蔵の御品物の一部。骨董品の鑑定。伊万里皿を約8点でございました。鑑定のご依頼ですので、それが価値あるものかどうか?また、鑑定評価額はいくらくらいか?というものをお伝えしております。※当店は、鑑定は無料でさせて頂いております。

伊万里焼は日本を代表する陶磁器ですが、その時代によって大きく値打ちが分かれます。書画や絵画のような作家の値打ちではなく(産地は伊万里だが、誰が焼いたかは分からない)、時代の値打ちで、まさに骨董品の代表格といえます。ご依頼の品のほとんどは江戸時代の中期以降の御品物で、現在ではそれほど値打ちのあるものはございませんでしたが、2点だけは江戸時代の初期に焼かれた通称;初期伊万里と呼ばれる値打ちのあるものでした。1点は花鳥絵で割れありでしたが、1点は7寸で吹墨絵の健全な状態でした。

健全な状態の初期伊万里は非常に値打ちがあります。よくできた偽物も多いのですが、本物には素朴でかつ自然な魅力があります。ご依頼の作品は本物でございまして、初期伊万里の中でも非常に出来が良いものだと思います。

御蔵に眠っている価値あるかないかをはっきりさせたいというご要望に少しでもお応えできていたら幸いです。

ご来店、ありがとうございました。

※内容は、“ブログ掲載のご了承頂いた方”のみ、個人を特定できないように編集しております。