日々是美術

骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

堺市(大阪府)のお客様|【古美術・骨董】・掛軸・茶道具・絵画の買取・鑑定・査定

  • 2020年12月23日

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。

古美術・絵画

すっかり寒くなり、またコロナの感染が拡大しており、非常に過ごしにくくなっている今日この頃。毎年、この年の瀬は大掃除の時期なので、整理のご依頼が比較的多くなる時期です。今年はとくに新型コロナウィルスの影響で、自宅待機が多くなっている方が多いので、例年よりも整理する機会が多くご依頼も増えています。中でも藤美堂にご依頼頂くことは非常にありがたい話だと思っております。最近では、オンライン査定も増えておりますが、ご都合の良い依頼方法をどんどんご活用ください。(大阪市内・東大阪市・八尾市からのご依頼も増えてきました。)

本日は出張鑑定のご依頼で、大阪府堺市の某宅にお伺い致しました。某宅は敷地面積100坪以上のご立派なお屋敷です。現在は空き家になっており、その家主様の息子様ご夫婦にご依頼頂きました。今年は中止になりましたが、毎年実施しております春・秋の鑑定買取会でご参加頂いた方からのご紹介でした。そういうご紹介で藤美堂をご指名頂けるのは本当にありがたい限りです。今年は自宅にいる機会が多かったので、近いご実家の空き家の整理を少しづつされていたとのことで、ようやく目途がたってご連絡頂きました。

先々代は北陸のご出身で、商売として先代より大阪にお住まいになられたとのことで、お持ちの100点以上ある古美術品は漆器(金沢が名品多い)の類も多く、懐石椀など、非常に優美な蒔絵を施したものが多くございました。

北陸と言えば、九谷焼。古美術品の中でも九谷か伊万里かというところが代表格であります。中でも古九谷古美術愛好家の垂涎の的。色絵古九谷の数皿、また、一尺皿など、非常に興味深い品々をお持ちでした。状態が良いものも多く、中でも、吉田屋九谷(江戸時代の中期に古九谷を再興した焼物)の花瓶は素晴らしい逸品でした。非常に高評価をさせて頂きました。古九谷は稀少価値も時代性も非常に高いのですが、吉田屋九谷は時代性は及ばないものの、その鮮やかな発色が売りで、とても人気が高い焼物です。

また絵画のコレクションもとても興味深いものをお持ちでした。特に先々代が日本画を好まれたようで、明治期人物画で有名な画家の油絵はコンディションもよく高評価となりました。鑑定書がついてはいませんでしたが、わたくしが拝見するに真作である可能性が高いと思います。現在は、鑑定書がないと100%真作と認められない時代になってしまったので、当店で100%とは申せませんが、可能性を見るところまでが現在の鑑定の仕事と考えています。公的機関に鑑定依頼する鑑定料も高価なものも多いのですが、もし贋作となると、鑑定料は払うは、絵画は一銭にもならないわとなると、持主様も不幸なので、真作の可能性についてまでは藤美堂でできる限りの範囲でお伝えしています。ちなみに、当店の鑑定料は無料です。

これら多くの美術品は非常に高評価なものも多いとお伝えすることができましたが、持主様は意外だったとのことで、さて今後どうするか、逆に迷ってしまうと仰られました。ご許可を得て、匿名のブログ掲載も快く受けて頂いたご主人様。藤美堂でお役に立てることがあれば、またなんなりとお申し付けください。ご質問にあった日本酒、青森の田酒でした。とても美味です。

あらためてお目にかかれる日を楽しみにしております。貴重な機会をありがとうございました。