日々是美術

「#中国美術」のタグ記事一覧

聖徳太子と法隆寺。奈良国立博物館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.11『聖徳太子と法隆寺 in奈良国立博物館』

『聖徳太子と法隆寺 in奈良国立博物館』に行って参りました☆彡。 聖徳太子が政治を行い法隆寺を建てた。その時代は“飛鳥時代”。 日本史を思い出すとき、2000年の歴史の中で、どんな時代を思い浮かべるでしょうか?江戸時代、 […]

続きを読む
北斎展。久保惣美術館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.10『北斎展 ~富士山と東海道~ in久保惣記念美術館』

“一粒万倍“な絵、それがHokusai。 『北斎展 ~富士山と東海道~ in久保惣記念美術館』に行って参りました☆彡。 久保惣記念美術館は、関西屈指の美術館。国宝2点、重要文化財29点、所蔵総数10000点以上で、私設美 […]

続きを読む
グランマ・モーゼス展。藤美堂。ハルカス美術館。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.9『生誕160年記念 グランマ・モーゼス展 ~素敵な100年人生~ inあべのハルカス美術館』

歳を重ねるほど、見たくなる絵。 『グランマ・モーゼス展 ~素敵な100年人生~ あべのハルカス美術館』に行って参りました☆彡。 日本では知る人ぞ知る、グランマ・モーゼスはアメリカの国民的画家です。無名の農婦が70歳から本 […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

東大阪市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・中国美術の買取・鑑定・査定

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。 こんにちは。藤美堂店主です。 最近はネットで当店を知って頂く方がとても増 […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

羽曳野市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・中国美術の買取・鑑定・査定

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。 近現代陶芸作家の品々(物故作家、人間国宝など) こんにちは。藤美堂の店主 […]

続きを読む
豊臣の美術。大阪市立美術館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.8『豊臣(トヨトミ)の美術  in大阪市立美術館』

中世以降の日本文化の“原点”が、ここに。 『豊臣(とよとみ)の美術 in大阪市立美術館』に行って参りました☆彡。   豊臣秀吉は“日本史上、最も絢爛豪華で国際的な文化“=“安土桃山文化”を創造した人物です。 今 […]

続きを読む
京都国立博物館の鑑真和上と戒律のあゆみ展。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.7『鑑真和上と戒律のあゆみ in京都国立博物館』

現代まで続く“僧侶教育”の基盤をつくった男。 『鑑真和上と戒律のあゆみ in京都国立博物館』に行って参りました☆彡   春の京都は秋にも負けず劣らず素敵ですね。なんとも心地よい風が吹いてました! 訪問した4月8 […]

続きを読む
大和文華館の中国青花と染付磁器展にて。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.6『中国青花と染付磁器~京都の鹿背山焼 in大和文華館』

陶磁器史上の画期的な発明 “青花”。 『中国青花と染付磁器~京都の鹿背山焼 in大和文華館』に行って参りました☆彡   大和文華館は、近鉄(近畿日本鉄道)の創立50周年を記念して建てられた和洋中の全ての優品が展 […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

八尾市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・中国美術の買取・鑑定・査定

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。 古美術、茶道具、掛軸 こんにちは。藤美堂店主です。唐突ではございますが、 […]

続きを読む
中之島香雪美術館の源氏物語展での藤美堂

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.2『源氏物語の絵画 伝土佐光信『源氏系図』in中之島・香雪美術館』

源氏物語の絵・源氏絵の原点である土佐派 「源氏物語の絵画 伝土佐光信『源氏系図』をめぐって  in香雪美術館」に行ってきました。 日本人であれば、一度は聞いたことがあるはず“源氏物語”。 主人公・光源氏(ひかるげんじ)の […]

続きを読む