日々是美術

「#南大阪」のタグ記事一覧

大阪、南大阪。羽曳野。骨董、古美術、古道具、絵画、茶道具。査定、買取。藤美堂。

河内長野/大阪狭山市(南大阪)お客様の鑑定・買取・査定事例|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・刀剣・甲冑・中国・アンティーク・古道具|富田林・河内長野・和泉・堺・羽曳野・大阪狭山・藤井寺・柏原・松原

今年のゴールデンウィークは、コロナ関連の規制がない久々の長期休暇になりそうですね。国内旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。皆さんにとって良いお休みとなることをお祈りします。 さて、アート/美術品市場はというと、常 […]

続きを読む
大阪、南大阪。羽曳野。骨董、古美術、古道具、絵画、茶道具。査定、買取。藤美堂。

堺市(大阪)お客様の鑑定・買取・査定事例|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・刀剣・甲冑・中国・アンティーク・古道具|富田林・河内長野・和泉・堺・羽曳野・大阪狭山・藤井寺・柏原・松原

こんにちは、藤美堂店主です。美術は現実問題として政治の影響を受けることは必至です。昨年度、再燃しておりましたロシア絵画も今は非常になんとも言い難い状況です。実は非常に優れた作家が多かったロシア美術ですが、なかなか取り上げ […]

続きを読む
藤美堂。正月。掛軸。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

新年、明けましておめでとうございます。 昨年は多方面から様々な形でのご依頼を当店に頂きましたこと、感謝申し上げます。 今年も昨年度に劣ることなく、より良いサービスをご提供できるように精進したいと思います。 今年の藤美堂の […]

続きを読む

【2021 鑑定買取会(11/29~12/18)】多くのご来店ありがとうございました。

こんにちは。藤美堂店主です。 【鑑定買取会2021】を無事終えることができました。本当にたくさんのご来店、出張のご依頼、ありがとうございました。皆さま方のご依頼に、当店の鑑定・査定・買取が少しでもお役に立てていれば幸いで […]

続きを読む

【2021 鑑定買取会(11/29~12/18)】途中報告 ~多いご依頼品~

こんにちは。藤美堂店主です。 先週から開催しております【鑑定買取会2021】ですが、予想以上に多くのご依頼で驚いております。 この期間内にご来店頂く方、出張をご希望の方、期間外の査定鑑定の予約などなど。 今回はこれまでと […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

大阪市(大阪府)のお客様|【古美術・骨董】・掛軸・茶道具・絵画の買取・鑑定・査定

※以下内容は、「今後のお客様の参考になれば」という目的で、“ブログ掲載のご協力を頂いた”お客様の事例です。個人を特定できないように編集しておりますので、安心してお読み頂けます。藤美堂に査定・鑑定・買取のご依頼を頂くたくさ […]

続きを読む
ミイラ展。大阪。ATC。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.22『特別展 ミイラ「永遠の命を求めて」in大阪南港ATC Gallery』

なぜ、ミイラになったのか? 『特別展 ミイラ「永遠の命を求めて」in大阪南港ATC Gallery』に行って参りました☆彡。 “ミイラ” 皆さまはどのようなイメージをもっているでしょうか? 私が最初にミイラを見たのは、エ […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

堺市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・中国美術の買取・鑑定・査定

※以下内容は、「今後のお客様の参考になれば」という目的で、“ブログ掲載のご協力を頂いた”お客様の事例です。個人を特定できないように編集しておりますので、安心してお読み頂けます。藤美堂に査定・鑑定・買取のご依頼を頂くたくさ […]

続きを読む
茶道具。由緒・伝来。箱書。湯木美術館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.21『茶道具の由緒・伝来と箱書 in湯木美術館』

“値打ち”に大きく影響する、由緒・伝来。 『茶道具の由緒・伝来と箱書 in湯木美術館』に行って参りました☆彡。 茶道具(ちゃどうぐ) みなさまはどのようなイメージをお持ちでしょうか? 少し前に、ある雑誌の取材があって、不 […]

続きを読む
ルノアール。生誕180年。山王美術館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.19『生誕180年・ルノアール展 in山王美術館』

絵画史上、最も美しい女性の絵 『生誕180年・ルノアール展 in山王美術館』に行って参りました☆彡。 ルノアール。 「聞いたことがない」という人はほとんどいないと思います。現代の市場価値は数億円以上は必至。絵画史上、最も […]

続きを読む