日々是美術

「#絵画」のタグ記事一覧

聖徳太子と法隆寺。奈良国立博物館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.11『聖徳太子と法隆寺 in奈良国立博物館』

『聖徳太子と法隆寺 in奈良国立博物館』に行って参りました☆彡。 聖徳太子が政治を行い法隆寺を建てた。その時代は“飛鳥時代”。 日本史を思い出すとき、2000年の歴史の中で、どんな時代を思い浮かべるでしょうか?江戸時代、 […]

続きを読む
北斎展。久保惣美術館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.10『北斎展 ~富士山と東海道~ in久保惣記念美術館』

“一粒万倍“な絵、それがHokusai。 『北斎展 ~富士山と東海道~ in久保惣記念美術館』に行って参りました☆彡。 久保惣記念美術館は、関西屈指の美術館。国宝2点、重要文化財29点、所蔵総数10000点以上で、私設美 […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

東大阪市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・中国美術の買取・鑑定・査定

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。 こんにちは。藤美堂店主です。 最近はネットで当店を知って頂く方がとても増 […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

羽曳野市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・中国美術の買取・鑑定・査定

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。 近現代陶芸作家の品々(物故作家、人間国宝など) こんにちは。藤美堂の店主 […]

続きを読む
上村松園、松篁、淳之の三大展にて in松柏美術館

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.5『上村松園・松篁・淳之三代展~日本画の行方~ in松柏美術館』

神は細部に宿る。 『上村松園・松篁・敦之三大展~日本画の行方~in松柏美術館』に行って参りました☆彡 松柏美術館は、日本で最も有名な女流画家の上村松園、そしてその子である松篁と孫の淳之、三代の作品が堪能できる貴重な美術館 […]

続きを読む
#藤美堂#日本画#買取#鑑定#査定#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#和泉#岸和田#河内長野#羽曳野#藤井寺#大阪狭山#松原#柏原#八尾#東大阪#大阪市#堺市

美術の余談 No.9「いつでも、いつまでも見ていたくなる“緑”」~東山魁夷~

緑(みどり)。 森林など木々のイメージ、癒しのカラー、緑が好きな日本人は多いですよね。日本人が好きな色のTOP3には必ず入る緑(グリーン)。これまで、絵画では風景画をはじめ、たくさんの“緑”が描かれてきました。 そんな中 […]

続きを読む
美術館展覧会・ミュシャとアメリカ展in堺市立文化館での藤美堂

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.3『ミュシャとアメリカ in堺市立文化館』

やっぱり、ミュシャが好き! 『ミュシャとアメリカ in堺市立文化館』に行ってきました。 日本でも大人気のアルフォンス・ミュシャ。 淡い色合いとしなやかな曲線で描かれる女性がとても優雅な雰囲気を醸しだしています。 わたしの […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

八尾市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・中国美術の買取・鑑定・査定

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。 古美術、茶道具、掛軸 こんにちは。藤美堂店主です。唐突ではございますが、 […]

続きを読む
骨董品・美術品・茶道具・絵画・古道具・掛軸の買取・査定・鑑定・販売の藤美堂(大阪、南大阪)

堺市(大阪府)のお客様|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・中国美術の買取・鑑定・査定

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。 絵画 こんにちは。コロナのワクチン接種もはじまりましたね。藤美堂のお客様 […]

続きを読む

美術の余談 NO.8 「最も“金”が含まれている小判」 ~享保小判(古美術)~

小判。ザックザクのような“隠し金”的なイメージや、御代官様的な悪いイメージや、ねずみ小僧のような派手なイメージなどなど、日本人にとってはさまざまなイメージを思い浮かべられると思います。 小判はれっきとした美術品、古美術の […]

続きを読む