日々是美術

「#美術館」のタグ記事一覧

大阪、南大阪。羽曳野。骨董、古美術、古道具、絵画、茶道具。査定、買取。藤美堂。

河内長野/大阪狭山市(南大阪)お客様の鑑定・買取・査定事例|古美術・骨董・掛軸・茶道具・絵画・刀剣・甲冑・中国・アンティーク・古道具|富田林・河内長野・和泉・堺・羽曳野・大阪狭山・藤井寺・柏原・松原

今年のゴールデンウィークは、コロナ関連の規制がない久々の長期休暇になりそうですね。国内旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。皆さんにとって良いお休みとなることをお祈りします。 さて、アート/美術品市場はというと、常 […]

続きを読む
藤美堂。正月。掛軸。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

新年、明けましておめでとうございます。 昨年は多方面から様々な形でのご依頼を当店に頂きましたこと、感謝申し上げます。 今年も昨年度に劣ることなく、より良いサービスをご提供できるように精進したいと思います。 今年の藤美堂の […]

続きを読む

【2021 鑑定買取会(11/29~12/18)】多くのご来店ありがとうございました。

こんにちは。藤美堂店主です。 【鑑定買取会2021】を無事終えることができました。本当にたくさんのご来店、出張のご依頼、ありがとうございました。皆さま方のご依頼に、当店の鑑定・査定・買取が少しでもお役に立てていれば幸いで […]

続きを読む
東洋陶磁美術館。古九谷。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.27『古九谷 in大阪市立東洋陶磁美術館 』

日本古陶磁の最高峰。 『古九谷  in大阪市立東洋陶磁美術館』に行って参りました。 “古九谷(こくたに)” 数多ある日本の国焼の中で、最も有名なものの一つである九谷焼。中でも、“最も古い時代(1650年頃~1700頃)の […]

続きを読む
京。国宝。京都国立博物館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.25『京(みやこ)の国宝~守り伝える日本のたから~ in京都国立博物館』

日本の美、ここに極まれり。 『京(みやこ)の国宝~守り伝える日本のたから~ in京都国立博物館』に行って参りました。 “国宝(こくほう)” 響きが綺麗。それになんかワクワクします。滅多にお目にかかれるものでもないし、手に […]

続きを読む
ティラノサウルス展。恐竜。atcギャラリー。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.24『ティラノサウルス展 ~T.rex 驚異の肉食恐竜 in大阪南港ATC Gallery』

地球史上、最強の生物。 『ティラノサウルス展 ~T.rex 驚異の肉食恐竜 in大阪南港ATC Gallery』に行って参りました。 男の子であればだれでもワクワクする、恐竜展! 意外にも?!、、、女性もまずまず入場され […]

続きを読む
ミイラ展。大阪。ATC。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.22『特別展 ミイラ「永遠の命を求めて」in大阪南港ATC Gallery』

なぜ、ミイラになったのか? 『特別展 ミイラ「永遠の命を求めて」in大阪南港ATC Gallery』に行って参りました☆彡。 “ミイラ” 皆さまはどのようなイメージをもっているでしょうか? 私が最初にミイラを見たのは、エ […]

続きを読む
茶道具。由緒・伝来。箱書。湯木美術館。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.21『茶道具の由緒・伝来と箱書 in湯木美術館』

“値打ち”に大きく影響する、由緒・伝来。 『茶道具の由緒・伝来と箱書 in湯木美術館』に行って参りました☆彡。 茶道具(ちゃどうぐ) みなさまはどのようなイメージをお持ちでしょうか? 少し前に、ある雑誌の取材があって、不 […]

続きを読む
東洋陶磁美術館。柿右衛門。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.20『柿右衛門 Yumeuzurasコレクション in大阪市立東洋陶磁美術館』

世界の王侯貴族を魅了した、Kakiemon。 『柿右衛門 Yumeuzurasコレクション in大阪市立東洋陶磁美術館』に行って参りました☆彡。   柿右衛門。かきえもん。Kakiemon. 江戸時代から約350年以上続 […]

続きを読む
清水三年坂美術館。蒔絵の名品。金工細工。藤美堂。

~知って得する&より楽しめる~美術商の美術館めぐり vol.18『蒔絵の名品 in 清水三年坂美術館』

世界中の人々を魅了する、幕末明治の“細工品” 『蒔絵の名品 in京都三年坂美術館』に行って参りました☆彡。 仕事であり、趣味であり、人生である美術の世界。 数多ある美術品・骨董品の中でも、私が最も好きな分野の一つが“幕末 […]

続きを読む