カテゴリー: 販売品目

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#岩澤重夫#瀧

『黒部瀧響』 岩澤重夫 作

岩澤重夫は大分県生まれ。子供の頃から絵の才能を発揮し、戦争から戻ってこれたら絵描きになると決意していた。その後、日展の入選を皮切りに多方面から評価される画家となった。岩澤重夫が最期に成し遂げた仕事・金閣寺の障壁画は有名。 […]

Read More
#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#柿右衛門#濁手#花瓶#人間国宝

『濁手 鉄線文花瓶』 14代 酒井田柿右衛門 造

温かみのある乳白色の磁肌に、鮮やかで日本画的な上絵付けが施されている。人間国宝14代酒井田柿右衛門の代表作「濁手鉄線文花瓶」。初代・酒井田柿右衛門は1647年に日本で初めて赤絵の磁器を完成させました。独特の乳白色の素地( […]

Read More
#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#茶道具#人間国宝#萩茶碗#三輪休雪#近現代陶芸

『白萩茶碗 銘:悠々』 11代 三輪休雪 造

「一楽、二萩、三唐津」。茶陶の格式を表すことば。最高峰の焼物のひとつである萩焼。中でも、名門・毛利家の御用窯となった初代から400年続く三輪窯。本作品は近現代陶芸において兄弟では初の人間国宝受賞となった11代三輪休雪の作 […]

Read More
#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#茶道具#黒楽茶碗#楽吉左衛門#弘入

『黒楽茶碗 銘:岩根』 12代 楽吉左衛門 造

一切の飾りを排した「黒」の中に広がる宇宙。450年の歴史をもつ日本最高峰の茶碗師 楽吉左衛門の作品「黒楽茶碗」。現在、世界的にも「RAKU」のブランドは広がっており、展覧会もすぐ満員と言います。茶道具の域にとどまることな […]

Read More
#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#古美術#骨董品#初期伊万里

初期伊万里 花鳥絵皿

トロリとした釉薬、自由奔放な図柄、素朴な焼き上がり。柔らかく温かみを醸し出すその器は、400年の磁器の歴史の原点。日本初の磁器・通称「初期伊万里」。1610年、豊臣秀吉の朝鮮出兵で出陣した鍋島藩主鍋島直茂が、朝鮮半島から […]

Read More
#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#アンティーク#ドーム#ナンシー#ガレ#ランプ#おしゃれ

『テーブルランプ(Pear tree)』ドーム・ナンシー 作

今から100年前のヨーロッパ・20世紀初頭に「自然との調和」をテーマにした新しい芸術(art nouveau{アール・ヌーヴォー})の革命がおきました。ドーム・ナンシーはアールヌーボーを代表するガラス芸術家の巨匠です。西 […]

Read More
#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#近現代陶芸#九谷焼#福島武山#赤絵鳳凰文花瓶

『赤絵鳳凰文花瓶』福島武山 造

髪の毛ほどの細線、極小の網点で描かれた文様。九谷焼の伝統的技法である赤絵細描(さいびょう)を超絶技巧の域にまで高めた九谷焼作家・福島武山 作「赤絵鳳凰文花瓶」。有名ブランド フランス・エルメス社から時計文字盤の制作依頼を […]

Read More

古伊万里 花唐草文皿

◆古伊万里 花唐草文皿 ◆幅;21㎝  (最大寸法、若干大きさに誤差はあります) ◆状態;作品は非常に良好 (箱なし) ◆価格;17,000円(税込)  ※ インドに由来する花がシルクロードを渡って形を変え、唐草文様とな […]

Read More

マイセン プレート「花のブーケ」

◆マイセン プレート「花のブーケ」 ◆口径;28.5㎝ 高さ;5.0㎝(最大寸法、若干大きさに誤差はあります) ◆状態;作品も箱も非常に良好 ◆価格;本品の価格につきましては、お電話(0721-25-1033)にてお問合 […]

Read More

マイセン花瓶 「アフロディーテ」

◆マイセン花瓶 「アフロディーテ」 ◆口径;8.2㎝ 胴回;20.1㎝ 高さ;31.2㎝(最大寸法、若干大きさに誤差はあります) ◆状態;作品も箱も非常に良好 ◆価格;本品の価格につきましては、お電話(0721-25-1 […]

Read More