カテゴリー: 近現代陶芸

#藤美堂#美術品#販売#東京#名古屋#九州#北海道#大阪#南大阪#藤井寺#柏原#大阪狭山#松原#羽曳野#富田林#河内長野#和泉#柿右衛門#濁手#花瓶#人間国宝

『濁手 鉄線文花瓶』 14代 酒井田柿右衛門 造

温かみのある乳白色の磁肌に、鮮やかで日本画的な上絵付けが施されている。人間国宝14代酒井田柿右衛門の代表作「濁手鉄線文花瓶」。初代・酒井田柿右衛門は1647年に日本で初めて赤絵の磁器を完成させました。独特の乳白色の素地( […]

Read More
#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#茶道具#人間国宝#萩茶碗#三輪休雪#近現代陶芸

『白萩茶碗 銘:悠々』 11代 三輪休雪 造

「一楽、二萩、三唐津」。茶陶の格式を表すことば。最高峰の焼物のひとつである萩焼。中でも、名門・毛利家の御用窯となった初代から400年続く三輪窯。本作品は近現代陶芸において兄弟では初の人間国宝受賞となった11代三輪休雪の作 […]

Read More
#藤美堂#美術品#販売#大阪#南大阪#富田林#河内長野#羽曳野#藤井寺#堺#大阪狭山#和泉#松原#柏原#近現代陶芸#九谷焼#福島武山#赤絵鳳凰文花瓶

『赤絵鳳凰文花瓶』福島武山 造

髪の毛ほどの細線、極小の網点で描かれた文様。九谷焼の伝統的技法である赤絵細描(さいびょう)を超絶技巧の域にまで高めた九谷焼作家・福島武山 作「赤絵鳳凰文花瓶」。有名ブランド フランス・エルメス社から時計文字盤の制作依頼を […]

Read More