日々是美術

古美術 骨董品 茶道具 絵画 新作陶芸 刀剣 武具 甲冑 鑑定 査定 買取 出張 見積 大阪市 南大阪 富田林市 羽曳野市 大阪狭山市 河内長野市 藤井寺市 松原市 柏原市 和泉市 高石市 泉大津市 泉佐野市 岸和田市 

和泉市(南大阪)のお客様|絵画・掛軸の買取・鑑定・査定

  • 2020年02月26日

※この内容は、“ブログ掲載のご了承を頂いた方”の記事です。個人を特定できないように編集しております。当店の買取・鑑定情報の参考としてご覧ください。

寒さはピークを過ぎつつあるものの、まだまだ予防が必要な今のご時世。なかなか不安はぬぐえませんね。なんとかこの2週間の峠を越えて、明るい兆しが見えて欲しいものです。みなさま、それまではくれぐれもお体ご自愛くださいませ。

和泉は由緒ある旧家も多い、南大阪では人口の多い町です。その昔、和泉ならではの商売をされていた家系で、ご先祖様が御蔵にしまわれていた掛軸と、先々代の当主様がお集めになられていた絵画、合わせて5点の鑑定・査定のご依頼で、ご来店いただきました。

ここで少し、絵画・掛軸の評価のポイントをお話いたしますと、作家の評価(相場)がその値打ちのほとんどになります。ひと昔前は、よく描けているだけでも多少値打ちはあったのですが、現在の鑑定・買取市場で申し上げますと、いくらよく描けていても、なかなかそれだけでは値打ちがつきません。ただ、違う言い方をしますと、やはり評価されている作家・作者はそれだけの画力があります。現在では掛軸で100万円を超える評価ができる作家はほんのひと握りですが、その作家たちの作品は、素人が見ても、やはり力があります。だからこそ評価されているんですね。

1点を除けば、比較的状態が良いものをお持ちでした。特に美人画を得意とする作家の掛軸は目を見張るものがあり、しっかりと評価させて頂きました。

良いものはいいですね。

この度はご依頼ありがとうございました。またのご依頼をお待ちしております。